福寿草特別 2019【過去10年の傾向データ】

オープン・特別
スポンサーリンク
福寿草特別 500万下
2019年1月5日(土) 京都9R
2,000 (芝) 3歳500万円以下
基本的に過去データは、直近の10年間分を集計して掲載しておりますが、レースによっては開催されていない年もあります。その場合は、データのボリュームが少なくなることになります。

性別成績

牡馬・セン馬 10-9-10-60(勝率100%)
牝馬 0-1-0-15(勝率0%)

過去10年の性別成績を見ると、牡馬の成績がかなり有利となっています。そもそも、牝馬の出走は珍しいレースとなっている。

関東馬・関西馬

関東馬 0-0-0-0(連対率19.6%)
関西馬 10-10-10-72(連対率0%)

関東馬の出走馬はなし。

人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 1- 1- 3- 5/ 10 10.0% 20.0% 50.0%
2番人気 4- 1- 1- 4/ 10 40.0% 50.0% 60.0%
3番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0%
4番人気 0- 5- 0- 5/ 10 0.0% 50.0% 50.0%
5番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
6番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
7番人気 1- 0- 1- 8/ 10 10.0% 10.0% 20.0%
8番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
9番人気 1- 0- 0- 6/ 7 14.3% 14.3% 14.3%
10番人気 1- 0- 0- 5/ 6 16.7% 16.7% 16.7%

人気順で見てみると、1番人気が人気に応える傾向が強い。2~4番人気の馬も好成績となっており、順当な決着がつきやすい。

前走レース名

前走レース名 着別度数 勝率 連対率 複勝率
未勝利* 5- 3- 5-17/30 16.7% 26.7% 43.3%
新馬 1- 1- 4-11/17 5.9% 11.8% 35.3%
500万下* 1- 1- 0- 2/ 4 25.0% 50.0% 50.0%
京都2歳 1- 0- 0- 3/ 4 25.0% 25.0% 25.0%
葉牡丹賞500* 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
朝日杯フュ(G1) 1- 0- 0- 0/ 1 100.0% 100.0% 100.0%

未勝利を勝利した馬がこのレースを制しやすい傾向が見えている。意外にも新馬戦に勝利した馬の成績は良くないこともわかる。

枠番別集計い

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 0- 9/10 10.0% 10.0% 10.0%
2枠 0- 0- 2- 8/10 0.0% 0.0% 20.0%
3枠 2- 0- 1- 8/11 18.2% 18.2% 27.3%
4枠 0- 5- 1- 6/12 0.0% 41.7% 50.0%
5枠 2- 0- 2-10/14 14.3% 14.3% 28.6%
6枠 1- 1- 1-12/15 6.7% 13.3% 20.0%
7枠 2- 2- 1-11/16 12.5% 25.0% 31.3%
8枠 2- 2- 2-11/17 11.8% 23.5% 35.3%

枠番では1枠と2枠の成績が悪い。それ以外では4枠が連対率が高いことに注目。他はそれほど差はみられない。

脚質上り別集計

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 3- 0- 2- 6/ 11 27.3% 27.3% 45.5%
先行 4- 3- 6- 23/ 36 11.1% 19.4% 36.1%
中団 2- 4- 2- 22/ 30 6.7% 20.0% 26.7%
後方 0- 2- 0- 23/ 25 0.0% 8.0% 8.0%
追込 1- 1- 0- 1/ 3 33.3% 66.7% 66.7%

逃げ・先行がとても有利になるレース傾向があり。特に逃げは好成績を残しており、軽視はできない。

オープン・特別
スポンサーリンク
中央競馬データ攻略ブログ