【初値予想】AWSホールディングス(3937)のIPO分析

be07

AWSホールディングス(3937)東証マザーズ へ新規上場となります。上場日は 2016/06/21 で、主幹事証券は SBI証券 です。

公開株数は 110,000株 となっており、想定価格(2,400円)から算出する吸収金額は 約3億円 となります。

< スポンサーリンク >

AWSホールディングス(3937) 上場までの日程

仮条件決定 2016/05/31
BB申込期間 2016/06/02 – 2016/06/08
公募価格決定 2016/06/09
購入申込期間 2016/06/13 – 2016/06/16
上場日 2016/06/21

AWSホールディングス(3937) 企業情報

所在地 東京都文京区小石川二丁目23番11号
事業内容 フィリピン子会社を活用したシステムソリューションの提供及び医療情報システムのソフトウェア商品の開発・販売等
ホームページ http://www.aws-hd.com/

AWSホールディングス(3937) 株式情報

上場市場 東証マザーズ(証券コード:3937)
公開株数 110,000株(公募:110,000株、売出:0株)
想定価格 2,400円
吸収金額 3 億円(想定価格ベース)

AWSホールディングス(3937) シンジケート

  証券会社 割当株数 比率(%) 申込推薦
主幹事証券 SMBC日興 200500 88.13
引受証券 SBI 15900 6.99
引受証券 岡三 4500 1.98
引受証券 丸三 2200 0.97
引受証券 極東 2200 0.97
引受証券 エース 2200 0.97

AWSホールディングス(3937) 業績状況

売上収益 営業利益 経常利益 純利益
(単独実績)2014.8 590 90 94 81
(単独実績)2015.8 1423 545 547 329
(単独予想)2016.8 1861 614 615 398

(単位:百万円)

AWSホールディングス(3937) 銘柄分析

市場・需給分析

マザーズ上場で人気面の不安はなし。

吸収規模は3億円程度でマザーズにしては超小規模IPO。この点は初値形成には大きなメリットになる。全株公募、ベンチャーキャピタルが見当たらないのもプラス。

業績・業種分析

情報システムの開発を行うIT企業。業績は横ばいが続きながらも、やや減少傾向。利益面では赤字もあって、長期投資には不安感もある。上場後の投資に成功するかがカギ。

AWSホールディングス(3937) 初値予想

初値予想 6,000円(想定価格差:3600円)
< スポンサーリンク >